『変幻自在ものづくり職人』

空間・プロダクトデザイナー

柴山 修平

空間・プロダクトデザイナーとして活躍している“しばしゅう”こと柴山修平さん。

彼の独特で、どこかマイペースな雰囲気は一度会うと癖になり、“安心感”、“安定感”という言葉がとてもよく似合う。

自称“兼業農家”でもある彼は、現在東京をベースに山形、兵庫などをせわしなく行ったり来たりしながら、さまざまな人といろいろなものづくりを精力的に続けている。

今回はそんな彼の人柄と価値観にスポットをあてて紹介します。

 

*取材場所は都内某所にある沖縄料理屋さんです。イメージしながらお楽しみ下さい。

 

ぼくはみんなの暮らしをつくるための、“ツール”を作りたい。

 

——デザイナーになったきっかけは?

柴山修平:きっかけですか……ないと思う(笑)。最初からすみません。工業高校の建築科に入ったのが最初のきっかけだけど、特にそこに行きたいみたいな大きな夢があった訳でもなく……。

——でも興味があったから工業高校?

柴山:いや、それも多分、普通の高校に行くイメージが湧かなかったのと、建築学科だとデッサンとかあるし、いいんじゃないかなあと、かなり曖昧な理由で決めたと思う。

そしたらけっこう建築が楽しかった。楽しくなったから大学も建築学科に進みました。

——今は家具のデザイン?

柴山:そう。建築を学びながら、徐々に家具への興味がわいてきたんです。

(店員さんがオリオンビールとノンアルコールビールを持ってくる)

 

柴山:まず乾杯しますか。酔っぱらってから話しましょう!

ふたり:おつかれさまでーす!かんぱーい!

柴山:どこまでいったっけ。あーそう、建築よりも、家具に興味がわいてきた。例えば、どんなぼろぼろの空間でも、そこに自分でいい家具を置けばいい空間になるんじゃないかなと思って。もう既に建築物はいっぱいあるし、自分にとってはそれで十分だった。

——空間というよりは、置く物にこだわった?

柴山:うーん、なんか今の住宅って住まわされてる感みたいなのがあって、みんなの“棲む力”みたいなものが失われていってると思う。

大昔の人々が、いい穴を見つけて棲み付いたように、みんなが“棲む力”を取り戻すことで、豊かな暮らしをそれぞれがつくっていけるようになったらいいなあと思ってる。

で、ぼくはみんなの暮らしをつくるための、“ツール”を作りたい。暮らしの中の道具の一つとして“家具”をやりたいなあと思っています。

——なるほど、だから山形に行ったの?

柴山:そうそう。「天童木工」という地場産業の家具メーカーで6年間、デザイナーのようなことをしていました。なので、今自分が家具をデザインしているきっかけは、建築を学んだことだと思います。建築を考えることって、暮らしのこととか社会のこと、街のこと、文化のこと……、本当にたくさんの要素を考えないといけない職業だから。

 

自分の夢……無いんですよ。人の夢に乗っかりたい。

 

柴山:デザイナーっていう職業の職域がまだ分かんないから、とりあえず依頼が来たことをやってるって感じなんだけど、まぁけど自分でもなんか発信はしようと思って去年くらいからいろいろやり始めたんだけど、“自分の夢は?”って聞かれた時に、なにも思いつかない。

——夢がないってどうゆうこと?

柴山:何になりたいとかそうゆうのがないんです。ないっていうか分かんない。例えば、ある人がCDを出したいって言ったら、CDのジャケットをじゃあ俺が作ろう、とか、飲食店やりたいって人がいたら、じゃあ俺に出来る事をやろう、みたいな、そんな感じで人の夢に乗っかることで夢を持ち続けるみたいな。

まぁ結局それは自分の夢じゃなく人の夢なんだけど。

 

——一緒に叶えるみたいな

柴山:便乗型!

——便乗型!(笑)

柴山:人の夢に乗っかるっていうのが生き甲斐かもしれない。だから、必要とされるのはすごい大事なことかも。

 

 

——うんうんうん、それっていろんな夢があるからいいね。

柴山:自分自信の夢がない分、自由みたいな。

——そうだね、自分の夢あったらそっち行っちゃうもんね。

柴山:だからそう……“他力本願”なんだろうね

——ポジティブな他力本願か(笑)。

柴山:っていう感じなんだと思う。自分自身に芯があるわけでもないので。

——人の夢を叶える為に、こうゆうのが欲しいって言われたらそのときの要望に応じてそれを作れるのってそうとう凄いことじゃない?

 

 

柴山:そのために日々の訓練は必要かも。

——この仕事をやってて良かったことってある?

 

 

柴山:やってて良かったー!ってことよりも、それは結局、人が喜んだっていう瞬間でしかないんだよね。

それが結局自分の喜びだから。一緒に。だってね、便乗してんだから。

——そうだよね、一緒に夢叶えて。

柴山:より多くの人に必要とされて、より多くの人の夢を一緒に叶えたい

(「おまたせしました、ゴーヤチャンプルで〜す」)

 

反射的に「この人と何が出来るだろう」って考えてる自分がいる

 

柴山:人と会ったときに、反射的に“この人と何が出来るだろう”って考えてる自分がいることにたまに気付く。

で、すっごい人みたいな人がいるじゃん。そうゆう人に出会ったら、もっと頑張ろうみたいな“この人と何か出来るように頑張ろう”みたいなのが原動力っていうのかな。

——じゃ私ともなにかやりましょうよ!(笑)

柴山:もう始まってるんじゃないですかね! 今日のインタビューも、不思議なご縁で、なんだか嬉しいです。

みんなでさ、いい世界を作りましょうよ。農家のおばちゃんとかおじいちゃんとか子どもとか、みんなで。一緒に、すてきな世界を作りたいですね。

 

 

(2015.6.24 都内某所にて)

取材・ライター:松元 加奈

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 

柴山 修平

1984年生まれ。名城大学理工学部建築学科卒業後、山形県の木工家具メーカー天童木工のデザイナーを経て、2014年より場づくりのベンチャー「ツクルバ」、兵庫県の「トランクデザイン」に所属。

同時に山形県の地場産業とのものづくりプロジェクトが始動している。

空間設計をはじめとして、地場産業のプロダクトデザイン、劇団のグラフィックデザイン、農業など、領域や場所を問わず活動している。自称「兼業農家」。

 

BLOG: http://ssshibashuuu.jugem.jp

 

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

アーティスト

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

Copyright (C) 2015-2017 Spot Voice All Rights Reserved.

Spot Voiceでは「テーブルクロス」の活動を支援しています。