中村真夕/編集後記

December 17, 2015

先日取材させて頂いた、中村真夕さん。高良健吾さん映画デビュー作「ハリヨの夏」を手がけた映画監督。

 

Spot Voice初めての女性の方へのインタビューでした。スポボイのFacebookではちょっとだけお伝えしたのですが、真夕さんの最新映画、「ナオトひとりっきり」が12月の前半まで全国で上映されていました。

 

真夕さんとお会いする前から映画のことは知っていて、どうしても見たくて取材前にひとり新潟の映画館へ行ってきました。(そのとき東京での公開は終了していたため)。

 

 福島の現状を描いた映画だと知ってはいたのですが、テレビでは見られない想像を超えた被災地の現実に衝撃を受けたのを覚えています。どうしようもないもどかしさにただただ悲しくなりました。しかし時間が経過するとともに見えてくる生命力の強さ。人と動物の絆の強さ。悲しみだけじゃありませんでした。「生きること」を考えさせられた何度も見たい作品です。

 

女性目線の女子高校生を描いた映画「ハリヨの夏」の切ない描写も大好きです!

 

取材中も気さくで優しくて面白く.…… この場じゃ語り尽くせないくらいに真夕さんのファンになりました!

 

次回作も楽しみです♪

 

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

『Spot Voice』始動。

July 14, 2015

1/1
Please reload

Recent Posts

December 17, 2015

December 2, 2015

November 22, 2015

Please reload

Archive